横浜の少子化対策の求人とは

横浜の少子化対策の求人とは


横浜市では少子化対策として、特に子育て支援を手厚く行うことを重視しています。

そのために行政側でも保育園の待機児童をゼロにすることを目標として、地道に努力しているのです。

また待機児童ゼロへの取り組みが高く評価されているので、他の地方自治体やマスメディアも子育て支援の政策に注目しているのです。

そして待機児童をゼロにするために、市内各地の保育園情報を共有して、すぐに入所できる施設の情報を子育て中の家庭に提供しているのです。

また保育園などの子育てサービスを充実させるために、保育士などの求人情報も積極的に出しているのです。

特に保育系の短大などの新卒者を積極的に募集する以外にも、ブランクのある人も積極的に採用している点に特徴があります。

ブランクのある人も募集することで、保育園で必要としている人材を十分に確保できるメリットがあります。

またブランクのある人の子育ての経験を、現場で生かせるメリットも大きいのです。