横浜の少子化対策の求人とは

保育士の仕事について


保育士とは、保育所などの福祉児童施設にて乳幼児を預かる仕事をする者を指します。
資格も国家資格が必要で、通信教育や学校教育を通じて取得することができます。
子供を預かる時間帯としては朝から夕方にかけてだけでなく、保護者の仕事環境に合わせて夜間保育などを実施している場合もあります。
子供を預かるだけなく、子供の発達や成長を促したり援助することに重きをおいています。
子供の遊びを通じて心身の成長を促したり、日々の生活を援助することで集団生活や日常生活での必要な知識を身に着ける手助けをしています。
年間を通して成長して欲しいことを計画し、それを月ごとに細かく設定し直し日々の成長にあった計画を立てます。
子供一人一人の個人差を見極めることが大切です。
さらに、子供の成長を見守る中で最も大切なことは安全確保です。
園内でのいたるところにある危険に対して事前に対処し、または状況に応じて臨機応変に対応することも重要です。